大会概要

会期:2019年8月7日(水)〜10日(土)

会場:北海道大学

(高等教育推進機構,鈴木章ホール,学術交流会館等)

大会テーマ:「今そこにある進化:遺伝子と表現型・生態をつなぐダイナミクス」

– Contemporary Eco-Evo-Gen Interactions –

プログラム:国際プレナリーセッション/シンポジウム

      一般演題(口頭・ポスター発表)/高校生ポスター発表

      市民公開講座/進化学夏の学校

大会趣意書のダウンロード

日本進化学会第21回大会のご案内

平素より当学会の事業に、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。日本進化学会は進化生物学に関連した理学、農学、医学、情報科学、人文・社会科学など様々な専門性を有する約1,200名の会員を擁し、あらゆる生物科学とその応用分野の根源的課題である生物の進化と多様性の解明を目的に設立されました。本会では進化学を中心とした各分野のさらなる発展・普及を目指し、毎年国際シンポジウムや各種講演を中心に活発な活動を行っております。

この一環として、私共は平成31年度、北海道大学札幌キャンパスに於いて第21回日本進化学会年次大会を開催致します。今回は「今そこにある進化:遺伝子と表現型・生態をつなぐダイナミクス(Contemporary Eco-Evo-gen Interactions」をメインテーマに、国際招待講演、シンポジウム、一般講演、ポスター発表のほか、高校生ポスター発表と表彰、夏の学校、市民公開講座など多様な企画を予定しております。本大会は国内外の研究者のみならず、高校生や大学生、大学院生、教員教諭や一般市民も参加できる構成となっており、様々な立場から進化学の基礎学問としての面白さや奥深さ、応用分野への発展性を議論していただく場となることが期待されます。

大会実行委員会

大会長荒木仁志(北海道大学農学研究院)
大会準備委員長長田直樹(北海道大学大学院情報科学研究院)
大会副準備委員長小柳香奈子(北海道大学大学院情報科学研究院)
委員(五十音順)秋元信一(北海道大学大学院農学研究院)
内海俊介(北海道大学北方生物圏フィールド科学センター)
遠藤俊徳(北海道大学大学院情報科学研究院)
大原雅(北海道大学大学院地球環境科学研究院)
大森亮介(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター)
加藤徹(北海道大学大学院理学研究院)
神戸崇(北海道大学大学院農学研究院)
菊池義智(産業技術総合研究所)
岸田治(北海道大学北方生物圏フィールド科学センター)
越川滋行(北海道大学大学院地球環境科学研究院)
里村和浩(北海道大学大学院情報科学研究院)
鈴木仁(北海道大学大学院地球環境科学研究院)
藤田知道(北海道大学大学院理学研究院)
水本寛基(北海道大学農学研究院)
森元良太(北海道医療大学心理科学部)
渡邉日出海(北海道大学大学院情報科学研究院)

大会に関するお問い合わせ先


日本進化学会第21回大会事務局

電子メール:shinka2019@ibio.jp